復職について悩む保育士

保育士に復帰する際の問題点


保育士不足解消の救世主として期待される潜在保育士だけど…

保育士の資格を持ちながら保育士として働いていない潜在保育士。この潜在保育士の復職が、保育士不足問題を解消するための重要なキーポイントとなっています。

しかし、現在違う仕事に就いていたり専業主婦として家庭に入っている潜在保育士の人達の多くは、保育士へ復帰する事にあまり積極的ではないようです。

なぜなら、潜在保育士が潜在保育士となってしまったのにはそれなりの理由があるからなんですよね。

潜在保育士がなぜ保育士として復職しないのか、そして保育士に復職するとしたらどんな問題が発生するのか。これらについて考えてみます。

潜在保育士になった理由

まず潜在保育士となってしまった理由ですが、これは人によって理由は異なると思います。ただ、

  • 給料が低い
  • 仕事量が多くて忙しい
  • 職場の人間関係が悪い

上記の理由から保育士の仕事を続けるのが難しいと思ったから、退職もしくは異業種転職をして潜在保育士になってしまっている人が多いようです。

保育士の仕事は激務の割に薄給とよく言われます。

保育士はやることがたくさんあって忙しく、残業や持ち帰り残業もたくさんあります。さらには子供の命を預かるという責任もあります。

にも関わらず給料は安く、手取り15万以下という人も大勢います。さらには昇給もほぼ無しという状況…。こうした事から仕事量に対して給料が見合ってないと感じる人が多いんです。

また職場の人間関係に悩む人が多いというのも保育士の特徴です。

保育士の主な職場となる保育園はどうしても閉鎖的な空間となってしまいがちですし、なにより圧倒的に女性が多い保育士ですから完全に女社会なんですよね。

そのため派閥争いがあったり、陰湿ないじめに遭ったりと色々悩まされることが多いようです。女性が多い職場では起こりやすい問題ですね。

とはいえ潜在保育士がみんなこうしたマイナスの理由から保育士を辞めた訳ではなく、仕事を辞めなきゃいけないやむを得ない事情があったりだとか、前向きな理由があって退職・転職を決断した人ももちろんたくさんいます。

  • 病気やケガで保育士の仕事が出来なくなった
  • 家族やパートナーと一緒に引っ越すことになった
  • 家族の介護に専念するため
  • 他にやりたい事ができた
  • 結婚して専業主婦になった

例えばこういった理由ですね。

ですから潜在保育士がみんな保育士の仕事が嫌になったから現場を離れた訳ではなく、保育士の仕事は好きだったけど辞めざるを得なかった、本当はもっと続けたかったと思っている人もいるんです。

もっと言えば、給料の安さや人間関係が原因で転職したとしてもそれは保育士の待遇や職場の環境に不満があっただけで、保育士の仕事自体は今も好きで本当はまた保育園で働きたいと思っている人はたくさんいるんです。

つまり潜在保育士が保育士に復帰しないのは保育士の仕事が嫌になったからとは限らず、むしろ保育士の置かれた環境に問題があるケースの方が多いという事ですね。

そのため「保育士を取り巻く環境さえ変われば保育士に復職してもいい」と考えている潜在保育士の方は決して少なくないと思います。

潜在保育士が職場復帰しない理由

にも関わらず潜在保育士が保育士に復職しないのは、やはり保育士として働くことに不安や問題があるからです。それはどんな事なのでしょうか。

保育士を辞めた理由と同じ

まずは保育士を辞めた理由となったことがそのまま復職に対する不安要素となっているケースです。

給料が少なくて違う仕事に転職した人は復帰の際も給料面で不安があるでしょうし、人間関係に悩まされた人はまた同じ事にならないか心配だと思います。

家庭との両立が難しい

あとは家庭との両立も大きな問題です。結婚や出産を機に退職する保育士は多いのですが、それは保育士が家庭との両立が難しい仕事だからでしょう。

保育士は仕事量が多く残業が頻繁に発生します。行事の前なんかは特にそうですよね。そうなると帰りが遅くなって夕飯の支度や洗濯、掃除をする時間が無くなりますし、子供のお迎えにも間に合わなくなってしまいます。

スキルに不安がある

ブランクが長い人ほど、

「最新の保育事情が分からない」
「以前のように働けるか心配。仕事を忘れてしまったかも」

という不安を抱えているようです。

保育士の仕事自体は好きだとしても、こうした事があるから保育士への復職は躊躇っているのだと思います。

つまり潜在保育士が職場復帰するには、

  • 待遇が良い・人間関係良好な保育園を見つけられるか
  • 家庭との両立をどうするか
  • 長いブランクをどう補うか

こうした点がポイントとなってくるんですね。

待遇の良い保育園を見つけよう

保育士の給料の低さや労働環境の悪さについては、保育士不足解消と共に現在国が対策に取り組んでいます。

すべての問題が改善されるにはまだ時間がかかるかもしれませんが、それでも保育士の置かれた状況がクローズアップされただけでも大きな進展ではないでしょうか。

保育士不足が解消されれば保育士一人当たりの負担は減るので今より余裕を持って働けるようになるでしょうし、そうなれば当然残業も減り拘束時間は短くなるはずです。給料についても今すぐ10万アップとはいかないでしょうが、徐々に底上げされる事は期待できるのではないでしょうか。

そもそも保育士の多くは給料が低いことに不満を持っていますが、給料だけを目当てにこの仕事を選んだ人は少ないと思います。

なので極端に高い額を求めている訳ではなく、最低限世間一般の平均年収くらいに達してくれればそれでいいという意見も多いのではないでしょうか。やりがいは非常にある仕事なので給料以外に得られる事も多いですからね。

それに、以前保育士として働いていた時よりも今の方が良い待遇で働ける保育園が増えていることも考えられます。人材不足の中、待遇を良くすることで人を集めようとする保育園は増えています。

また単純に前に勤めていた保育園の待遇が悪かっただけとも考えられますよね。たまたま「ハズレ」の保育園に就職してしまっただけで、他の保育園は思っているより悪くはないかもしれませんよ。

今は求人数が多く売り手市場ですから、就職先は選び放題といった状況です。きちんと比較・検討することで、希望条件を満たす求人が見つかる可能性はあります。

より待遇の良い職場を見つけるためには、求人の探し方も工夫しましょう。保育士の求人を探すなら、保育士専門の転職支援サービスを活用するのがおすすめです。

業界専門のサービスなら保育士求人が豊富に取り揃っていますから、比較・検討が簡単です。それにコンサルタントが就職・転職をサポートしてくれるので、自分に合った求人を紹介してくれます。

保育士専門の転職支援サービスには

  • 保育士バンク!
  • 保育ひろば

などがありますから、利用した事がない方はぜひチェックしてみてください。登録すれば一般には公開されていない非公開求人も紹介してもらえるようになりますよ。

無料で利用できますし、現在違う仕事に就いている方も在職中から登録できます。

家庭と両立しながら職場復帰するには

家庭との両立については家族の協力が必要になるかもしれません。ご両親が近くに住んでいる場合はお子さんの面倒を見てもらったり、旦那さんにもお迎えをお願いしたりできると楽ですね。

それでも残業で帰りが遅くなってしまったり、休日も片付けたい仕事があってお出掛けできないなど色々な問題は出てくることもあると思います。

専業主婦のようにいつでも家族優先とはいかないかもしれませんが、それでも家庭との両立が無理という訳ではありません。実際に子育てをしながら保育士として働くママ保育士もたくさんいます。

  • やっぱり保育士の仕事が好きでまた働きたい
  • 保育士不足の解消に一役買いたい

こうした想いから職場復帰をしたいのであれば、ご家族と相談の上でぜひチャレンジしていただきたいですね。

保育士の仕事は40歳を過ぎても働けますし、自身の子育ての経験も仕事に役立てられます。育児経験のある保育士は保護者からの信頼も得られますから、一度家庭に入ったとしても復職自体はそう難しくはないと思いますよ。

ブランクが心配なら潜在保育士の復職支援を活用しよう

現場を離れてしばらく経つから、今さら復職といってもきちんと働けるのか不安…という方は、潜在保育士の復職支援を活用してみましょう。

長いブランクがある人や復職に不安を抱えた人のために、各地で潜在保育士の復職支援が行われています。

最新の保育事情を学ぶための講習や、保育士のスキルや保護者対応を学べるセミナー、現場実習を含めた数日間の研修など、復職に対して不安を抱える保育士にとってためになる内容のものがたくさんあります。積極的に活用するといいでしょう。

潜在保育士の復職支援についてはこちらの記事もご覧ください。

潜在保育士向けの復職支援について

保育士復職について今一度考えてみては?

保育士への復職は色々と問題や不安がありますし、今すぐに実現することはできないかもしれません。

しかし保育士の仕事に未練を持っている潜在保育士は多いですし、違う仕事に転職したものの「やっぱり保育士に戻りたい!」ということで保育の世界に戻ってくる人もいます。

それくらい保育士の仕事は魅力的であり、やりがいもある仕事なんですよね。

一度保育業界から離れたことで、改めて保育士の良さが分かるという事もあると思います。そして良さが分かった上で復職することで、前より不満点を不満と思わなくなったなんてこともあるかもしれません。

今は保育士不足によって求人数が非常に多いし、復職支援もたくさん行われています。こんなに復職に最適な時期はそうそう無いですから、復職するなら今がベストタイミングと言えます。

保育士に復職にあたって何か問題や不安があるという方は、今回の記事も参考に、その問題を解消する方法はないかを考えてみてくださいね。