復職を考える潜在保育士

潜在保育士の復職は今がチャンス!


潜在保育士となってしまった理由は?

保育士の資格を持っているものの、現在保育士として就業していない潜在保育士。

せっかく保育士の資格を持っているのに、どうして保育士として働かないのかは人それぞれに事情があると思います。

  • 給料が低いから
  • 女社会で人間関係が悪いから
  • 責任が重すぎるから
  • 病気・怪我で働くのが体力的に難しいから
  • 他にやりたい仕事が見つかったから
  • 学生時代の実習で見切りをつけたから
  • 結婚して専業主婦になったから

この中でも特に多いのは、給料や労働環境の悪さではないでしょうか。

実際、保育士として勤務経験のある方のほとんどは保育士の仕事自体にはとてもやりがいを感じています。大変なこともあるけど、子供の成長を見届けられる素晴らしい仕事だという事は間違いないようです。

それにも関わらず保育の現場を離れてしまったのには、やはり保育士の置かれる環境に原因があるのでしょう。

現在保育士は都市部を中心に深刻な人材不足に悩まされており、人手の足らない保育園では保育士さん一人一人の仕事量が膨大になっています。

毎日の残業や業務の自宅持ち帰りは当たり前、さらに新卒なのに一人担任を任されててんやわんや…といった具合に、とてもハードな労働環境となっているんですね。

ただこれで仕事量に見合った待遇を受けられるのであれば「大変だけどやりがいのある仕事」として保育士の仕事を続ける人も多かったのかもしれません。

しかし、保育士は非常にハードな仕事なのにそれに見合った給料がもらえないというのが問題なんです。

保育士の平均年収は300万前後。他の仕事に比べて低い水準となっています。初任給の平均でいうと20万前後とそこまで低くないのですが、そこから昇給がほとんどないというのが問題点となっています。

さらに保育士は子供を預かるという責任が重い仕事でもあります。ハードな業務、安い賃金に加えて責任の重さまで加わることで、耐えられなくなって辞めてしまう保育士さんが多いのでしょう。

ただ女性が多い業界という事で、結婚や出産がきっかけに現場を離れる保育士さんも多いです。当然ですが、みんながみんな嫌になって辞めた訳ではないという事ですね。

保育士の処遇改善に期待

現在は保育士以外の仕事に就いていたり、仕事はせず子育てに励んでいたりと人それぞれ違った生活を送っていると思いますが、そんな潜在保育士の中には「また保育士の仕事に戻りたい」という気持ちを持った方もいるのではないでしょうか。

また中には一度も保育士として就職したことが無い方もいるでしょうから、そうした方もこれから保育士への道に進みたいという想いを持っているかもしれませんね。

ただ、潜在保育士となってしまった理由は先ほどお話したような待遇面の悪さだと思います。だとしたら復帰したところでまた同じ理由で退職するのは目に見えていますよね。

また現場を離れて長期間経っている場合、長いブランクのせいでまたちゃんと働けるか不安…という心配もあると思います。

しかし今、そうした問題を解決すべく国が動き出しています。深刻な保育士不足解消の対策として、潜在保育士の復職に力を入れているんです。

例えば賃金アップのために助成金を出したり、再就職を支援するための研修や就業支援などが行われています。

給与の改善といっても今のところ6,000円アップと微妙な額ではありますが、国が保育士の処遇改善のために動き出したことに意味があります。今後はさらなる処遇改善への動きが期待できるのではないでしょうか。

また保育士人口が増えれば現場の人材不足も解消され、現在の膨大な業務量も少しはましになるはずです。そうすれば大分働きやすくなりそうですよね。

潜在保育士が厚遇されている今がチャンス

こうした処遇改善の動きがあるから潜在保育士の復職は今がチャンスと思うのですが、理由はそれだけではありません。

今これだけメディアでも保育士不足についてのニュースが取り上げられていますので、多くの潜在保育士は復職について一度は意識したと思います。

また保育士資格がない人も、「そんなに人材不足なら狙い目かも」ということで資格取得を目指す人が増えたと思います。

こうして保育士への復職や新規参入する人が増えてくれば、そのうち保育士不足は解消に向かいます。国として見れば良い事なのですが、そうなってくると潜在保育士の復職しやすさは格段に落ちるでしょう。

今はどこの保育園も人手不足なので何としても人を集めようと好条件で募集を掛けている所もありますし、求人数も多いので引く手あまたの状態です。

しかし人が余ってくれば当然求人は減りますし、倍率も上がるので優秀な人か若い人じゃないとなかなか採用されなくなってくるかもしれません。

さらに人材不足が解消されれば、今行われている国の復職支援やサポートは打ち切られることも予想されますよね。むしろ手厚いサポートを受けられる今が特別なんです。

そうした事を考えると、人材不足に悩まされていてどこの保育園でも歓迎してもらえる今が潜在保育士の復職のチャンスだと思いませんか?

また、人間関係の悩みが原因で保育の現場から離れてしまったという方も多いと思いますが、そうした方も今一度復職を検討する価値はあると思います。

女性が多く年齢も幅広い保育士の世界は確かに特有の難しさはありますから、職場の人間関係が悪い園も少なくありません。しかしすべての園がそうではなく、人間関係良好な園もたくさんあるんです。

初めて働いた職場で痛い目にあったからといって、「保育士ってどこも人間関係が悪いんだ」と思い込んでしまうのは早いです。環境を変えれば今までの悩みが嘘のように楽しく働けるかもしれませんよ。

人手不足で売り手市場の今ならいくつかの園を見学して良さそうなところを選ぶこともできるし、もしまた人間関係の悪い園に入ってしまったとしても最悪転職すればいい話です。

今なら1年目で辞めても再就職先はいくらでも見つかります。辞め癖が付くのは問題ですが、良い職場に巡り合えるまで色々と渡り歩くことができるのも求人が豊富にある今だけとも言えますよね。

保育の現場から離れてしまっているものの保育士の仕事自体は好きでまた働きたいと思っているなら、復帰の絶好のチャンスであるこのタイミングで再就職を検討してみてはいかがでしょうか。

保育士の求人は保育士転職支援サービスで見つけよう

保育士として復職するにあたって、求人を探す方法は色々ありますね。求人が豊富な今ならハローワークや求人サイトでもすぐに見つかると思います。

ただ、希望に合った就職・転職先を見つけたいのであれば、

  • 保育士バンク!
  • 保育士ひろば

のような保育士に特化した就職・転職支援サービスの利用がおすすめです。

保育士バンク!や保育士ひろばのような業界特化型のサービスでは、業界に詳しいコンサルタントが付いてくれることと、非公開求人の紹介も受けられるというメリットがあります。

保育士の事情に詳しいコンサルタントなら希望の条件も伝わりやすいですし、的確なアドバイスも受けられます。給料が良い園、人間関係が良い園など、希望に合った求人を紹介してもらえます。

また求人の中には一般には公開されていない非公開求人もいうものもあります。こうした求人は登録者じゃないと紹介をうけられません。

非公開求人には好条件の求人も多いので、そうした案件も含めて情報収集できるのは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

特に東京、大阪、神奈川など保育士のニーズが高い地域にお住まいの方は、こうしたサービスを利用して希望条件に合う求人を探してみてはいかがでしょうか。