悩む女性
保育士 就職・転職サイト おすすめランキング > 潜在保育士の復職 > ブランクが長くても保育士に復職できる?

ブランクが長くても保育士に復職できる?


長いブランク明けの復職で不安に思う事

潜在保育士の中には、長いブランクが復職を妨げているという人もいるのではないでしょうか。

保育士としてまた働いてもいいかな、また現場に復帰したいという思いはあるものの、現場を離れてからもう何年も経っているから復帰できるのか不安で再就職に踏み切れないという方は少なくないと思います。

ブランクが長いと色々な不安がありますよね。

  • 自分がいた時と比べて色々変わってるんじゃないか
  • アレルギーなど昔より気を付ける事が多そう
  • 歌や素話を忘れちゃった
  • もう若い時のような体力は無い
  • モンスターペアレントが怖い

などなど。考えれば考えるほど不安は募るのではないでしょうか。

中でも多くの人が心配しているのが、自分のいた頃と今の保育現場の違いについてだと思います。法律が変わっていたり、保育園を取り巻く環境も大きく変わっているんじゃないか…と不安ですよね。

また、保護者も昔より無理難題を言ってくる人が多そう…上手くやっていけるかな、という心配もあると思います。

体力面、技術面についての事は保育士に限らず長いブランクがあるとどんな仕事でもそうですが、やっぱり復帰するとなると誰もが不安に思うはずです。

こうした色々な心配をするうち、「あーやっぱり復職は難しそう!」と諦めてしまっている方もいるかもしれませんね。

潜在保育士の復職支援・サポート

そんな長いブランクを理由に復職するのを躊躇している潜在保育士さんにおすすめなのが、潜在保育士の復職を支援するセミナーや研修です。

現在の保育士不足を解消する手段として、潜在保育士の復職に焦点があてられています。そのため最近は多くの支援・サポートが行われているんです。

復職支援研修・セミナー

最新の保育事情や新保育所保育指針について学べるほか、現場で役立つ遊びの技術やアレルギーに関する知識、保護者対応についてなども学ぶ事が出来ます。

また実習もセットになっていることも多く、座学に加えて実際の現場を体験することで感覚を掴むことができます。経験者は働いていた時のカンを取り戻すことができると思います。

相談会

長いブランクに対する不安、待遇面への不満、家庭との両立に関してなど、復職するにあたっての悩みを相談できます。

保育園の職員や他の潜在保育士も参加して復職に向けての情報交換の場となっている事もあります。

施設見学会

実際に保育園に行って、子供と遊んだり給食を食べたりして実際の現場を見学・体験できるイベントも行われています。自治体が企画しているものもありますし、各保育園側で開催しているものもあります。

保育士の現場を体験できるだけでなく、実際に勤務する(かもしれない)保育園を見学できるという利点もあります。

就職フェア

潜在保育士を対象とした就職フェアも数多く開催されています。保育園の担当者と1対1で話を聞くことができたり、セミナーも開催されたりします。

一度で様々な保育園の情報を得られるので再就職先を探している段階の人におすすめですが、もちろんまだそこまで考えていない人でも気軽に参加できます。

ブランクを埋めるべく最新の保育事情を学びたいという方は、研修やセミナーに参加してみるのがおすすめです。新しい知識を身に付けることで自信を持って再就職に臨めるのではないでしょうか。

また実習に参加するのもカンを取り戻す良い機会になるのでおすすめです。ブランクがあっても意外と大丈夫かも、と思えるかもしれません。

あとはこうした復職支援の研修やセミナーに参加する以外にも、書籍を買ってきて読んでみるだけでも違うと思います。基礎は出来ているので、あとは当時と変わった点を学べば現場復帰は十分にできると思います。

潜在保育士の再就職先選びのコツ

再就職先選びに失敗しないために、求人を探す際にはなぜ保育士の仕事を辞めたのかをもう一度思い出してみてください。

  • 給料が低いのが嫌だった
  • 人間関係が嫌だった
  • 教育方針が合わなかった

など色々あると思いますが、次に働く職場を選ぶ際にはその経験を活かすことが大切です。

給料の低さについては業界全体の問題なのである程度は仕方のない部分もありますが、園の雰囲気や教育方針はそれぞれの保育園で異なります。

例えば前の保育園ではあまり子供と一緒に遊んだりしないのが嫌だったという場合、教育に重きを置いた園を選んでしまうとまた同じ理由で辞めてしまうことも考えられますよね。

ですから前の職場で不満に思っていたことを挙げてみて、次はそれらの不満をできるだけ解消できるような職場を選ぶことが失敗しないコツです。

もちろんすべての不満点を解消できるような理想通りの保育園を見つけ出すのは至難の業だと思うので、「どうしてもここは譲れない!」というポイントを2~3つに絞るといいでしょう。

幸い今は保育士不足により求人が多い状況ですから、選択肢は多いです。希望に合う園も比較的見つかりやすいのではないでしょうか。

より多くの保育士求人情報を集めるには、保育士に特化した転職支援サービスを利用しましょう。

  • 保育士バンク
  • 保育ひろば

こうした転職支援サービスではコンサルタントが無料で仕事探しのサポートをしてくれます。希望の条件を伝えることで条件に合った求人を紹介してくれます。

また登録すれば一般には公開していない非公開求人の紹介も受けられるようになるので、より選択肢を広げる事が出来ます。

より好条件の求人を見つけたい、ブランクありでもOKの職場を探したいといった希望をお持ちの方はこうした保育士専門の転職支援サービスを活用してみてくださいね。

また保育士のニーズが高い東京をはじめ、関東・関西地方、東海地方は特に求人が豊富です。これらの地域の求人をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

求人が多く復職支援も盛んに行われている今は保育士復職の絶好のチャンスですから、ブランクのある潜在保育士の方は今一度職場復帰を検討してみてはいかがでしょうか。