履歴書とスケジュール

保育士転職のタイミング


保育士転職はいつするのが理想的?

転職にはタイミングが重要ですが、それは保育士転職でも同じですね。

ただ保育士の場合はタイミングが重要というよりも、むしろ「転職するタイミングが分からない」という悩みの方が多いのではないでしょうか。

保育士さんの多くは保育園で働いていると思いますが、保育園は4月から新年度が始まり3月に終わるという明確な1年のサイクルがあります。

年度途中で転職するのは他の業界に比べてかなりハードルが高いような気がするし、なんなら年度途中で辞めるのは不可能だと思っている人もいるかもしれません。

そのため今の園を辞めたい、別の園に転職したいけどいつすればいいのかお困りの保育士さんも少なくないと思います。

保育士転職のベストタイミングはいつなのでしょうか。

保育園を辞めるタイミング

保育士→保育士の転職でベストなタイミングといえば、やはり年度末の3月ですね。年度いっぱい役割を果たし、新年度の4月から新しい園で働くというのが理想です。

保育士の場合、いつから働き始めるかよりもいつ辞めるかの方が問題になります。

保育士も一労働者ですから、最低2週間前に申し出ればいつ辞めても自由です。しかし保育士や教師の仕事というのは他の仕事とは性質が違いますから、実際にそれを実行してしまうのはあまりにも無責任です。クラス担任ならなおさらです。

いきなり辞めるのは園にも保護者にも多大な迷惑が掛かりますし、子供に対しても誠意がないと思われても仕方ないですよね。園の信用にも関わります。

ですから本来なら数ヶ月前から引き継ぎノートの作成など退職準備を始めて園側にも退職の意思を伝え、そして年度末に退職というのがベストです。

ただ中には、

  • もう辞めたくて辞めたくてしょうがない
  • 病気やケガで働けなくなってしまった
  • パートナーの転勤で急に引っ越すことになった

といったようにどうしても年度の途中で辞めなくてはいけない事情がある場合もあると思います。

実際のところ、年度途中で退職するのは絶対に不可能という事はありません。年度末まで働かなくてはいけないという決まりがある訳でもなく、実際に年度途中で退職する保育士もいます。

とはいえ年度途中で辞めるのは園にも保護者や子供にも多大な迷惑を掛けてしまうのは事実ですから、やはりよほどの事情がない限りは年度末まで続けるのがベストです。

求人を探し始めるタイミング

では、転職先となる求人を探し始めるタイミングはいつがベストでしょうか。

求人を探して応募するのは別に仕事を辞めてからじゃなくてもできるので、現職を続けながら同時進行で新しい職場を探すのがおすすめです。

ですから年度いっぱいまで働いて退職してから転職活動をスタートするよりは、働いている最中から転職活動を始めた方が空白期間も空くことなくスムーズに転職できます。

それに年度途中で新しい園に応募して採用されたとしても、その時点ですぐに新しい園に移らなくてはいけない訳ではありません。

採用した方もこちらの事情は分かってくれるので、急募でない限りは入社時期を配慮してくれます。また園も最初から余裕を持って求人を出していることが多いので、4月入社を見越した求人が半年以上前から出ることも珍しくありません。

このように入社時期についてはあまり心配することはないと思うので、4月入社を希望しているとしても転職活動を開始する時期には特にこだわらなくても大丈夫でしょう。

ただ保育園の求人が増える時期というのはあるので、求人を探すならそうした時期を狙った方が希望の求人が見つかりやすくなるのではないでしょうか。

保育園の求人が増えるのは、

  • 1月~3月
  • 7月~8月
  • 10月~11月

といった時期です。

最も狙い目なのは秋頃ですね。年度いっぱいで退職を希望する保育士が申し出てくるのがこの頃なので、それを受けて新年度から働ける人を募集し始めます。

年明けは新年度までに人材確保したい保育園のラストスパートが始まります。急に受け入れる園児が増えた場合や年明けになってから退職を申し出てきた人の穴埋めでもあります。

夏はオープニングスタッフの募集が増え始めます。オープニングスタッフは大変ですが人気の求人ですので、希望される方は常に求人チェックをしておきましょう。

保育士求人は一年中見つかる

保育士転職のベストタイミングについて説明してきましたが、実際のところは人材不足の影響もあり保育士求人は年間を通していつでも見つかります。

年度末に退職して新年度から働き始めたいという現役保育士さんはタイミングも重要になってきますが、現在は他の仕事をしていたり復職を考えている潜在保育士の方は、転職したいと思った時点で転職活動を始めればいいと思います。

年度途中で辞めた保育士の穴埋めや秋オープンの保育園など、4月にこだわらなくても年度途中から働き始められる求人もたくさんあります。

保育士転職をお考えになっている方は、まずどんな求人があるのかチェックしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。