保育園

認可保育園と認可外保育園の違い


認可保育園と認可外保育園、どっちにするか迷う!

どこの保育園で働こうかなと考えた時に、認可保育園にするか認可外保育園にするかは悩むところではないでしょうか。

保育園選びは重要です。自分に合った保育園を選ぶことができればのびのびと楽しく働けますが、合わない保育園を選んでしまうと不満ばかりが目について保育士の仕事自体も嫌になってしまう恐れもあります。

これから初めて保育士として働き始める保育士さんも、今いる保育園から違う園への転職を検討中の保育士さんも、保育園選びの際は認可と無認可の違いをきちんと理解した上でどちらにするか検討するようにしましょう。

認可保育園・認可外保育園の特徴

それぞれの違いを理解するには、まずそれぞれの特徴を把握しておきましょう。

認可保育園の特徴

認可保育園(認可保育所)とは、国が定めた認可基準をクリアし、行政に認可された施設です。

この基準というのは

  • 保育士の人数
  • 施設の広さ
  • 施設の各種設備

などで、防災管理や衛生管理、給食設備など色々な基準を満たした施設が認可保育所となります。

認可保育園は国からの助成を受けて運営されているため無認可に比べて保育料が安く、また国の基準をクリアした施設ということから安全・保育の質が高いといったイメージもあり、保護者からの人気が高いのは圧倒的に認可保育園の方となっています。

ただし入園には様々な条件がある上に希望者が多いので、認可保育園に子供を預けるのは非常に苦労します。

無認可保育園の特徴

無認可保育園(認可外保育所)とは、認可保育所としての基準を満たしていない施設です。

設備が立派で保育士の数も余裕を持って配置されていたとしても、定められた基準のどれか1つでも満たしていなければ認可外となります。都市部では定められた広さを確保できず園庭がない認可外保育園が多いですね。

無認可保育園は認可保育園に比べて保育料が高い傾向がありますが、保護者が働いてなくてもOKなど入園の条件が緩く、認可保育園よりは倍率も低いので入りやすいです。

無認可保育園は認可保育園に比べて独自の保育方針や特色を打ち出している所が多くなっています。

保育士として働くならどっちの施設がいい?

保護者目線で選ぶなら、国の基準をクリアしている安心感と保育料が安いというメリットがある認可保育園か、保育料は高いけど入りやすく個性も強い認可外保育園にするか…といったところで悩みますが、保育士の職場という観点で見た場合、どちらの施設の方が働きやすいのでしょうか。

保育士の就職・転職先としてどちらにしようか迷っているなら、

  • 施設の規模
  • 保育士の人員数
  • 教育方針

といった点に着目して考えてみましょう。

無認可保育園は認可保育園に比べて規模が小さい所が多く、雑居ビルの1室だったり園庭がない場合もあります。設備も認可に比べてあまり充実していないこともあります。

しかし小規模な分アットホームで園児や保護者との距離が近く、深く関われるというメリットもあります。大規模の園だと一人一人とあまり関われないのが嫌と思っていた保育士さんならこちらの方が向いているでしょう。

あと無認可保育園は独自の方針を打ち出している所が多く、勉強や英会話に力を入れている園、運動に特化している園、地域との触れ合いを大切にしている園、自然派にこだわる園など、個性的な園がたくさんあります。

なので自分の考え方と合っている園なら働いていて楽しいですが、園の方針が合わない場合は働くのが苦痛になります。あまり個性的な園は嫌だということであれば認可保育園の方が向いているかもしれません。

また園選びでは、時間外保育(延長保育、夜間保育、休日保育など)を行っているかどうかもチェックしたいポイントとなります。

子供を預ける保護者からすると便利でありがたい時間外保育ですが、働く側としては勤務時間が長くなり、場合によっては夜勤も発生するなど働き方に大きく影響します。

夜間保育園など時間外保育を実施しているのは認可外保育園が多いのですが、認可保育園にも夜間保育を行っているところはありますから、時間外保育は避けたいと思っているのなら認可・無認可に関わらず事前に確認しておくことが大切です。

給料については認可保育園の方がやや高いと言われていますが、認可外でも運営企業によっては高待遇で働ける園もあります。高給与の園で働きたいのなら認可・無認可にこだわらずに探してみるのがいいかもしれませんね。

無認可の方が保育の質が悪いとは限らない

「無認可」という響きからか、無認可保育園はどうもイメージが悪いようです。

保護者からも保育料の高さだけでなく、

  • 国の基準を満たしてないんだから認可より劣っている
  • なんか危なそう
  • 保育の質が悪そう

といったイメージのせいで敬遠されがちですし、保育士にも同じようなイメージを持つ人もいると思います。

しかし、無認可保育園が必ずしも認可保育園より劣っているという訳ではありません。

確かに無認可保育園には単純に国の基準をクリアできず認可を受けられなかった園もありますが、中には基準はクリアできるもののあえて認可を受けない園もあるんです。

それは、無認可保育園の方が色々と自由に特色を打ち出せるから独自の路線で運営しやすい、と思ってのことなのだと思います。

認可保育園は国の基準をクリアしているので一定の水準には達しているという安心感はありますが、自由度はあまり高くありません。

なので無認可であっても質の高い保育を実践している園もたくさんありますし、それにそもそも国の基準をすべて満たせなかったからといって質の悪い保育しかできないという訳ではないと思います。

例えば敷地が狭くて園庭がない無認可保育園でも、毎日公園に連れて行って遊ぶことはできますよね。基準は満たしていなくても何らかの方法でカバーできていれば特に問題視する必要はないのではないでしょうか。

実際、認可保育園に落ちてやむなく認可外に預けたというママさんの中には、「最初は心配だったけど、保育士さんも園長先生もみんな良くしてくれてすごく良い園だった!」という感想を持つ人も少なくありません。

当たりハズレはあるかもしれませんが、それは認可保育園も同じ。就職・転職の際は認可・無認可にこだわりすぎず、自分が良いと思った保育園を選ぶのが一番だと思います。

自分に合った保育園を選ぼう

結局のところ、認可・無認可のどちらがいいのかは一概には言えません。自分に合った保育園を探しましょう。

給料や勤務時間、休日、残業の多さといった事は事前にしっかり確認しておくことが大切です。あとは見学に行くのも参考になりますね。実際に見ることで求人票だけでは分からなかったことも見えてきます。

あとは口コミも役に立ちます。ネットの掲示板やSNSで情報収集するのもいいですが、保育士仲間や友人など身近な人から生の声を聞くのが最も信用できます。

ただし個人の感想には主観的な意見も多々含まれます。「あそこは最悪だった!」という声を100%鵜呑みにするのではなく、あくまで参考程度にとどめておくのがいいでしょう。

今の時代、子供を預ける保護者は正直言って保育園を選べるほど余裕のある状況ではないですが、逆に保育士は完全に売り手市場なので就職先はいくらでも見つかります。

とはいっても頻繁に転職するのはキャリアの面でもあまり良くはないし、なにより年度途中で辞めるようなことがあれば園はもちろん子供や保護者にも迷惑が掛かります。

長く勤められるような働きやすくて居心地の良い職場を見つけられるよう、保育園選びは慎重に行ってくださいね。