公立保育園と私立保育園
保育士 就職・転職サイト おすすめランキング > 保育士の職場選び > 公立保育園と私立保育園、働くならどっち?

公立保育園と私立保育園、働くならどっち?


保育園の種類

保育園には公立保育園と私立保育園があります。働くならどちらがいいんだろうとお悩みになっている保育士さんもいらっしゃるでしょう。

給料、業務量、求人数など、働く上で気になることは色々とありますよね。

公立と私立、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

公立保育園の特徴

公立保育園の大きな特徴は、地方公務員として働くことになるという点です。地方自治体が運営しているので、市役所の職員などと同じような扱いになります。

公務員といえば手厚い福利厚生が魅力ですよね。年金や各種保険の他、有給の取得率、産休・育休の取りやすさなど、公務員ならではの待遇の良さがあります。

また公立保育園の方がしっかりと人員を確保できているということもあり、一人当たりの負担はそこまで大きくなく、残業も比較的少なくて済むところが多いです。

給料、ボーナスも私立保育園よりも高いと言われていて、初任給こそそこまでの違いはないものの、年々確実に昇給していくこともあって勤務年数があがるにつれて大きな差が出てきます。

そして安定して働けることもあってか公立保育園は私立保育園より離職率が低く、そのため保育士の平均年齢も公立保育園の方が高くなっています。

しかし公立保育園は人気が高い分、競争率が高くなっています。保育士不足のため就職先には困らないと言われる保育士ですが、公立保育園に限って言えば狭き門となっています。

その上近年は民営化の動きも進んでいるため公立保育園の求人はさらに少なくなっていて、就職・転職するのはますます厳しい状況となっています。

私立保育園の特徴

私立保育園は社会福祉法人やNPO法人、学校法人、民間企業など、様々な団体が運営している保育園です。

私立保育園は公立に比べ、各保育園で独自の特色を打ち出しているところが多いというのが特徴です。運営団体が違うので、それぞれの特徴が色濃く出ています。

例えば英語教育に力を入れていて勉強の時間を多く取っていたり、食べ物や遊び方など様々なところで自然派にこだわっていたり。運営母体によっては各宗教の教えに従った教育を行っていたりもしますね。

そのため公立保育園に比べて色々な意味でバラつきが激しく、素晴らしい教育方針で保護者から絶大な人気を集めている保育園もあれば、劣悪な環境のなか少ない保育士で何とか回しているような保育園もあります。

こうしたこともあって保育の人数も園によって差がありますが、平均するとやはり人員不足のところが多いです。そのため保育士一人当たりの負担が大きくなり、残業が多い、休憩を十分にとれないといったことが起こりやすいです。

給料に関しては公務員となる公立保育園と異なり、あまり恵まれていないというのが実情です。ここも保育園によってばらつきはあるのですが平均すると300万弱程度となり、他の職種と比べると低い水準となっています。

また離職率も公立保育園に比べて高いため平均年齢も低くなっていて、ベテラン保育士は少なく若手の新人保育士が目立ちます。

ただ求人数自体はとても多いため、選びやすさ・就職しやすさで言えば断然私立保育園の方が上です。

保育士が働きやすいのはどっち?

では結局、保育士が働きやすいのはどちらの保育園となるのでしょうか。

これは一概には言えませんが、人気があるのは間違いなく公立保育園ですね。やはり「公務員」というのは魅力的です。

安定して働きたい、高給与を狙いたいということであれば、公立の保育園を選ぶといいでしょう。

ただし、先ほども言ったとおり公立保育園は倍率が高いため、就職難易度は高いです。離職率が低い、公立保育園の数が少なくなってきているということから、就職するのは苦労すると思います。

それに地方公務員ですから、働くには保育士採用試験に合格しなくてはいけませんし、転勤もあります。転勤は無理ということであれば私立保育園を選択することになるでしょう。

また、保育士としてどちらがスキルアップできるかという観点から考えてみるのもいいかもしれません。

公立保育園はベテラン保育士も数多くいるため、見ていて参考になることはとても多いと思います。尊敬できる保育士もたくさんいると思います。

一方私立保育園は若い保育士が多いため、頼りにできる先輩保育士がいないという事も少なくありません。しかしそんな環境だからこそ、鍛えられて保育スキルがアップすることも期待できます。

あとは保育方針も職場選びにおいて大きなポイントとなってきます。

公立保育園は各自治体によって定められた保育方針によって保育を行いますが、その内容はどちらかというと基本に沿ったもので保守的です。自由度で言えば私立保育園の方が高いですね。

私立保育園の中で自分の理想とする保育方針に近いところが見つかれば、よりやりがいを持って働くことができると思います。

ということで、公立保育園と私立保育園のどちらがいいのかは、保育士として働く上で何を一番重視したいかによって決まるということですね。

就職、転職の際はまず保育園に関する情報をしっかりと入手し、その上で色々と考えてみるといいと思います。

求人探しの際は保育士専門の転職サイトが便利です。

  • 保育士バンク!
  • 保育ひろば

こうした保育士求人に強い転職支援サービスを利用することで、求人に関する様々な情報を手に入れることができます。

入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がりますので、情報収集にぜひ利用していただきたいと思います。

無料で利用できるので、転職をお考えの方は気軽に相談してみてはいかがでしょうか。