悩む保育士
保育士 就職・転職サイト おすすめランキング > 保育士の職場選び > 保育園で働くなら認可・無認可どっちが良い?

保育園で働くなら認可・無認可どっちが良い?


保育園は認可・無認可に分けられる

保育園には認可保育園と無認可保育園があります。保育士求人を探す際、このどちらの園を選ぼうか迷っている方も多いと思います。

子供を預ける保護者の人達からは認可園の方が人気が高いですし、働く側としても認可保育園の方が何となくきちんとしていて良いようなイメージを持っているのではないでしょうか。

「無認可」「認可外」といった言葉の響きから何となく悪いイメージを受けてしまうというのもあるのかもしれませんね。

では、実際のところ認可保育園と無認可保育園ではどちらで働くのが良いのでしょうか。

認可保育園と無認可保育園の違い

まずこの2つはどう違うのかを理解しておきましょう。

認可保育園と無認可保育園の違いは、国が定めた認可基準をクリアいているかどうかです。認可保育園は認可された施設、無認可保育園は認可されていない施設となります。

認可保育園と認可外保育園の違い

こう聞くと基準をクリアしている認可保育園の方が絶対に優れていると思いがちですが、必ずしもそうとも言い切れません。

どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあるので、認可・無認可問わず自分の希望や理想に合う園を見つけて選ぶのが一番です。

ではそれぞれの施設にはどんな特徴があるのでしょうか。

認可保育園と無認可保育園の比較

認可保育園の良いところ

認可保育園の長所は何と言っても安心感があるところですね。国が定めた基準を満たしているということで、働く側としても子供を預ける側としても安心できるのではないでしょうか。

給料も無認可保育園に比べて高めとなっている所が多いので、給料面でもメリットがあります。

認可保育園のイマイチなところ

認可保育園は無認可保育園に比べて施設の規模が大きいため、どうしてもバタバタとしてしまい園児一人一人とじっくり向き合う時間はあまり取れません。

また色々と決まり事も多いので、比較的自由度は低いです。

無認可保育園の良いところ

無認可保育園の一番の長所は、独自の方針を打ち出している園が多いことです。国の基準に縛られたくなくてあえて無認可として営業している園もあるくらいです。

英語教育に力を入れている園、芸術に力を入れている園など、自分の保育方針に合った園を選ぶことができます。

また認可保育園に比べて規模が小さいところが多いため、園児の数が少ない分一人一人とじっくり向き合えます。こじんまりした園が好きな人にもぴったりです。

無認可保育園のイマイチなところ

やはり「認可されていない」というネガティブなイメージ、そして実際に劣悪な環境の保育園も存在しているという点でしょうか。また庭園が無いなど理想とする保育を実現できない可能性もあります。

あとは認可保育園に入れなかった人が繋ぎで利用することも多いので、短期間でいなくなってしまうケースもよくあります。子供と長く関われないのは保育士としても寂しいですね。

結局、認可と無認可ならどっちが良いの?

これらの特徴を簡単にまとめると、

認可保育園
安心感・大規模・安定
無認可保育園
独自の方針・小規模・安定しない

という感じですね。

認可保育園は良くも悪くも安定しています。運営も安定しているので働きやすいですが、園独自の色は出しにくいため融通が利かない面もあります。

無認可保育園はその逆で、園によってバラつきが激しいです。人気が高い園はすごく人気がありますが、人気のないところは全然人が集まらなくて困っています。

ですから給料も一概に認可保育園の方が良いとも限らず、中には高給で働ける認可外保育園も存在します。

また保育方針も園によってかなり違いがありますから、合うところで働ければすごく働きやすいですが、合わない園に入ってしまうと自分の考えとの違いに苦しむ事になります。

こうした事から、認可外保育園の方が園選びは重要になります。給料、園の規模、保育方針など様々な項目を念入りにチェックして選ぶことが大切です。

そして認可保育園と認可外保育園のどちらがいいのかというのも、結局は自分と合うかどうかが一番のポイントとなります。

安定して働きたいということであれば間違いなく認可保育園の方がいいですし、こじんまりしていて変わった方針の園で働いてみたいということであれば無認可保育園の中から探してみるといいと思います。

自分の希望に合う保育園の求人を見つけるには

自分に合う保育園を選ぶのが一番と言いましたが、それには保育園についてしっかりリサーチすることが重要になります。

  • 給料
  • 園の方針
  • 園の規模
  • 園児、保育士の人数
  • 残業の多さ
  • 時間外保育の有無

など、詳しい情報を得ることでより自分の希望に合った園を選ぶことができるようになります。

ではこうした詳しい情報を手に入れるにはどうしたらいいのかというと、保育士専門の転職支援サービスを利用してみましょう。

  • 保育士バンク!
  • 保育ひろば

こういった保育士求人を専門に扱うサービスなら保育士求人が豊富に集まっていますし、求人に関しても詳しい情報を得ることができます。

それにコンサルタントも保育士業界に詳しい人達なので、こちらの希望も伝えやすいです。こちらの希望とスキルをヒアリングした上でぴったりの求人を紹介してもらえるでしょう。

無料で利用できるので、転職の際はぜひ利用してみてほしいと思います。在職中でも登録できますよ。

仕事や待遇に不満を持っている保育士さんは多いと思いますが、転職することでそうした不満が一気に解消する場合もあります。特に認可と無認可では異なる部分も多いので、転職することで大分環境は変化すると思います。

もう保育士の仕事が嫌になって異業種に転職しようかと思っていた方も、保育園を変えることでまた保育士の仕事が楽しいと思えるようになるかもしれません。

もう無理、もう辞めたいと思っている保育士さんは、他にどんな保育園があるのかまずは色々とチェックしてみてはいかがでしょうか。