保育士辞めたい

保育士を辞めたい


「保育士を辞めたい」という悩み

保育士さんの中には、今現在仕事を辞めたくて悩んでいるという人も結構いるのではないでしょうか。

保育士の仕事は端から見るよりずっとハードですし、待遇も他の仕事に比べると良くないですよね。その上保育士不足のせいで一人あたりの負担も大きくなっていることもあり、保育士を取り巻く環境は厳しいものとなっています。

そんなこともあり、保育士を辞める人は毎年一定数います。保育士の離職率は高いとよく言われていますよね。

ですから「保育士を辞めたい」という悩みは決して珍しいものではなく、むしろほとんどの保育士が一度は退職を考えたことがあると思います。

保育士を辞めたいのはなぜ?

仕事を辞めたいと思っている保育士さんは、どうして退職または転職したいと思っているのでしょうか。

給料・休日・残業など待遇面の不満

保育士の悩みといえばやはりまず待遇面への不満が挙げられるのではないでしょうか。

給料は全職種の平均を下回り、低いところだと15万円にも満たないこともあります。これでは生活するのがやっとですし、地域によっては一人暮らししたくても出来ずに実家暮らしを余儀なくされます。

それに給料が少ない事に対しては、単純に手元に残る金額が少なくて困るというだけでなく、国家資格がないと働けない専門的な仕事にも関わらずこの扱いというのが不満だという声も多いですね。

また休日が少ない、拘束時間が長い、残業・持ち帰り残業が多いなど、給料以外の不満をお持ちの保育士さんもたくさんいます。

仕事量が多すぎる

人手不足のせいもあって、一人あたりの仕事量が多くてキツすぎるという声もよく聞きますね。

こう毎日ハードだと体力が持たないし、休みの日も一日中寝て終わるという生活になってしまい、それが嫌で辞めたいという保育士さんも多いようです。

また事務作業も多い保育士の仕事ですが、パソコンで作成した方がはるかに効率的なものを未だに手書きで作る保育園も多いです。そうした非効率的な仕事の仕方にイライラするという意見もありますね。

職場の人間関係の悩み

職場の人間関係に悩む保育士さんはやはりとても多く、人間関係が原因で退職する保育士さんは後を絶ちません。

なぜ人間関係に悩む保育士が多いのかというと、保育士という仕事柄、

  • 女性が多い
  • 保育園という閉ざされた空間
  • 保護者との関係にも悩まされる

といったことがあるからです。

女性が多い職場で人間関係のトラブルが多いのは言わずもがなですが、保育園という外部から遮断された空間で働くというのも人間関係の問題が起きやすくなるものです。

時に一般常識が通用しなくなり、園のルールがすべてになってしまうんですね。先輩保育士や同期の保育士との関係に加え、園長や主任との関係にも悩まされます。

また職員同士の人間源関係よりも、むしろ保護者との人間関係の方が大きな悩みとなっている場合も多いです。モンスターペアレントやクレーマー保護者に当たると心身ともにやられます。

将来のキャリアへの不安

保育士の仕事は体力的にもハードですから、歳をとってからも続けられるのか不安に思っている保育士さんは多いと思います。

それに、もし途中でキャリアチェンジをしたくなったとしても保育士経験しかないと異業種への転職は厳しいかもしれないと考え、それなら若いうちに転職しちゃった方がいいかもということで転職を決める人もいます。

こうした理由で転職するのは20代~30代前半くらいの層が中心となります。

もう保育士の仕事が嫌になった

なんだかんだ言って、結局保育士の仕事が嫌になったから辞めるという保育士さんもいます。保育士の仕事って実際に働いてみないと分からない事もたくさんありますよね。

トイレや嘔吐の後片付けが本当に無理、子供に触られると汚いと感じてしまうようになったといった悩みを抱える保育士さんもいますし、いう事を聞かない子供が憎らしく感じてつい手を上げそうになってしまうと悩む保育士さんもいます。

それにそもそも保育士の仕事は子供が好きという気持ちがないとやっていけない部分が多いですから、「私本当は子供好きじゃないかも」と思った瞬間に保育士の仕事に全く魅力を感じなくなることもあるでしょう。

このように待遇や職場の環境以前に、保育士の仕事自体が嫌になってしまったという理由で退職する人もいます。

保育園を辞めた後はどうする?

ではもし今の職場を退職するとしたら、その先にはどんな道があるでしょうか。

違う保育園で保育士として働く

今の保育園を辞めた後は、別の保育園に移ってまた保育士として働くという人が一番多いのではないでしょうか。

保育士の仕事は辞めたくない、職場を変えれば今の不満を解消できるということであれば、他の園に転職するのが一番ですね。同業種での転職ならこれまでのキャリアを活かして有利に転職できます。

特に保育士不足の今なら保育士経験者の需要は高いので、転職先に困ることはないと思います。

保育園以外で保育に関連した仕事をする

保育園以外にも保育士が働ける職場はありますから、そうした所を見つけて転職するという道もあります。例えば企業内保育所やショッピングモール内の保育所、院内保育所などですね。

こうした職場は保育園よりも給料が良いケースも多いですし、行事が少ないので残業も発生しずらいといったメリットもあります。求人数は多くないですが、保育園で働くのが嫌になった保育士さんは探してみるのもいいかもしれません。

また保育士ではないものの、保育士経験を活かして保育に関連した仕事に就くこともできます。子供向けスクールの講師、児童養護施設職員、小児歯科の歯科助手など、探してみると保育士経験者歓迎の求人も意外と見つかります。

保育とは関係ない異業種に転職する

保育士の待遇に不満がある場合、保育士を取り巻く環境自体が良くないため、他の園に移っても多少良くなるくらいしか変わらないかもしれません。

もっと大幅な改善を目指して根本的に環境を変えたいのであれば、異業種に転職するのが一番手っ取り早い方法となるでしょう。

また、もう保育系の仕事はうんざり、保育業界から離れたいという場合も異業種転職の道を選ぶ他ありませんね。保育士以外の仕事に転職することになります。

そのまま無職になる

保育士として働き続けて心身ともに疲れ果ててしまった、もうしばらく働きたくない(働けない)という場合は、しばらく仕事をせずに休息をとることになりますね。

また辞めてから転職先を見つけようと思っていたのになかなか見つからなくてそのまま…というパターンでやむを得ず無職になってしまう人もいると思います。

転職先は今の保育園を辞めたい理由で決める

辞めた後は少し休みたいということであれば多少の無職期間を設けるのもいいですが、それがあまりにも長くなってしまうのは避けたいですよね。

空白期間が長くなるほど就活で不利になってきますから、できることなら次の仕事を始めるまでにはあまり間を空けずにすぐ働き始めるのが理想です。

では肝心の転職先ですが、先ほど挙げた

  • 違う保育園で保育士として働く
  • 保育園以外で保育に関連した仕事をする
  • 保育とは関係ない異業種に転職する

のうちどのルートを選ぶかは仕事を辞めたい理由で決めましょう。

まず園の方針が合わない、人間関係が上手くいってないといった理由で辞めたいのであれば、他の保育園に移るだけで解決できる可能性が高いです。なのでわざわざ異業種転職しなくても、また保育士として別の保育園に転職するのがいいでしょう。

給料が低い、残業が多すぎるといった待遇の悪さが問題なのであれば、保育園以外の保育に関連した職場を探してみるといいでしょう。

特に企業内保育所はこれまでと同じく保育士として働ける上、就職先は一般企業となるため保育園に比べて待遇が良いことが多いです。保育の仕事自体は好きで辞めたくないという人におすすめの転職先となります。

そしてもう保育士自体を辞めたいと思っている人は、異業種転職の道を選ぶことになります。保育士としてのキャリアを捨て、全く畑違いの業界に飛び込むという訳ですね。

ただ、今まで保育士の仕事しかやってこなかったのに他の仕事なんてできるのかな、と不安でなかなか転職に踏み出せないという保育士さんも多いのではないでしょうか。

確かに未経験からのスタートとなる異業種転職は簡単なものではありませんが、就活の方法によっては意外と何とかなるものです。特に20代であればまだまだチャンスはあります。

保育士からの異業種転職については以下の記事も参考にしてみてください。

保育士から異業種への転職は難しい?

勤務期間が短すぎる場合はまだ辞めない方がいいかも

仕事を辞めたいのなら感情に任せて勢いで退職するのは避け、今回ご紹介したようにまずは転職先について色々考えておくことが重要です。

ただ、それよりも先に考えておかなくてはいけない点があります。それは勤務年数です。

就職したその日からもう辞めたいと思った人もいれば、今までは楽しく働いてたのに園長が変わった途端環境が激変して辞めたくなったという人もいるでしょう。

仕事を辞めたいと思い始めた時期、そして辞める決心をした時期は人それぞれで違いますが、実際に辞めるなら自分の勤続年数を考えてから決めなくてはいけません。

なぜなら、あまり早い時期に辞めてしまうと次の転職先を見つけるのが難しくなってしまうからです。

実際、就職して3日・1週間・1か月・3か月・半年といった短い期間で退職した人は採用担当者からの印象が非常に悪くなります。「またすぐに辞めるんじゃないか」という懸念があるからです。

やむを得ない事情があったなら考慮してくれることもありますが、それも面接で対面した時に上手く説明できればの話です。書類選考の段階では詳しい事情は分かりませんから、単に根気のない人だと思われる可能性が高くなってしまうんですね。

なので最低でも1年は辞めずに頑張った方が良いです。1年の勤務歴があれば別の保育園に行くのなら問題無く転職できるでしょう。

異業種への転職であればできれば3年は続けたいですね。3年というのは転職市場において1つの目安として考えられていますから、経験者採用でも「○○経験3年以上」といった募集の仕方はよく見掛けます。

異業種転職なら未経験扱いなので保育士経験が3年必要ということはないのですが、1か所の職場で長く続けたということが評価の対象になるので、3年以上働いておけば安心です。

ただし勤務期間が長くなればその分歳をとってしまうことにもなります。未経験転職では何より年齢が重要になってきますので、長い勤務歴よりも若さの方が大事という事も言えるんですよね。

ですから最低1年は続けて、あとは働きながら転職先を探しつつ状況を見て転職するか続けるかを決めるのがいいでしょう。20代という年齢は強い武器になりますから、多少勤務歴が短くても採用してくれる企業が見つかる事も十分に考えられます。

いずれにしても、仕事を辞める前には入念な準備が必要です。特に保育士の場合年度途中で辞めるのは色々と弊害が出てきますし、退職時期についても考慮しなくてはいけませんね。

保育士転職のタイミング

後から後悔しないためにも、辞めるタイミングや転職先選びなど、よく考えてから行動に移すようにしましょう。