悩む一人担任の保育士

一人担任が辛すぎる


新人なのに一人担任を任された!

保育士不足の影響か、最近はまだ経験の浅い保育士でも一人担任を任されるケースが増えているようです。

仕事に慣れた保育士でも大変と感じることがある一人担任を、入ったばかりの新米保育士が担うのはかなりキツイですよね。

分からない事だらけなのに近くに頼れる先生はいない。保護者からのクレームもすべて自分一人に向けられ、何かあったらすべて自分のせいとなり責任重大。

保育士1年目でクラス担任を受け持つかそうでないかで、仕事の大変さは桁違いに変わってくるのではないでしょうか。

仕事量が多く誰にも頼れない一人担任は大変

保育園に勤め始めていつからクラスを持てるようになるかはそれぞれの園によります。入ってすぐはフリーから始まり3年目にやっと複数担任のクラスを受け持つところもあれば、1年目からさっそく一人担任を任されることもあります。

保育園の規模や保育士の人数によって、余裕のある園ではゆとりのある人員配置、逆にギリギリの人数で回している園だと1年目から主担任を任されることが多いですね。

新人保育士さんの多くは、できることなら最初は先輩保育士の仕事ぶりを見ながら色々勉強したいと思っているのではないでしょうか。

最初は分からないことだらけでどう動いていいか分からずオロオロしてしまうし、子供達の扱いも慣れていないので戸惑うこともたくさんあると思います。だからこそ何かあったらすぐ先輩保育士に頼れる環境の方が安心しますよね。

しかし一人担任だと先輩保育士には頼れず、すべての事を自分一人でこなさなくてはいけませんから、それだと新人の自分なんかに務まるのかと不安になってしまうと思います。

それに一人担任は複数担任に比べて単純に仕事量も増えるので、仕事が忙しくなるというデメリットもあります。

だからこそ1年目で一人担任になってしまった時には、

「ただでさえ慣れない仕事で大変なのに、いきなり一人担任だなんて無理だよ!」
「まさか入って1年目から一人担任を任されるなんて…最悪。保育園選び間違えたかな」

なんて思ってしまうのかもしれませんね。

一人担任のメリット

しかし一人担任は大変で辛いことばかりではなく、一人担任だからこそのメリットもあります。

他の先生に気を遣わなくてもいい

複数担任だと仕事や責任を分担できて体力的にも精神的にも楽というメリットがある一方、先生同士の関係が悪いと非常にストレスが溜まるというデメリットがあるんですよね。

ちょっとしたことですぐ対立したり、共同作業も上手くいかずにかえって効率が悪いなんてこともあるかもしれません。こういった複数担任ならではの問題に悩む保育士さんも多いんです。

その点一人担任なら何でも自分一人でやらなくてはいけない分、他の先生との関係に気を遣う必要がありません。責任はあるけど気楽なんですよね。

思い付いた事はすぐ実践できるし、自分のやりやすい方法で仕事ができます。また何かあればすべて自分のせいなので、人のせいにしてモヤモヤすることもなく素直に反省もできます。

複数担任に比べて人間関係で悩まされることが少ないというのが一人担任の大きなメリットですね。

自分の思う保育ができる

保育士なら誰だって理想とする保育の方針があると思います。だからこそ他の保育士に対して、

「あんな言い方しなくていいのに」
「もっと話を聞いてあげればいいのに」

なんて思うこともありますよね。

複数担任だとそうしたシーンはよくあるのですが、一人担任なら自分の思う通りの保育を実践できます。

もちろん園の方針もあるので100%思い通りという訳にはいきませんが、それでも複数の先生と一緒にクラスを担当する時よりは好きなように行動できます。

また出し物なども自分の意見がそのまま通るので、他の先生と意見がぶつかって揉めることもありません。

忙しくて責任も重い分保育士としてスキルアップできる

一人担任になると非常に忙しくなりますが、その分効スキマ時間を有効に使ったり、マルチタスクで作業を行うなど、少しでも効率的に仕事をしようと色々工夫できるようになります。

また責任も重くなるため仕事に対して人任せの気持ちが消え、責任感が生まれます。責任感が生まれると人は成長できます。

このように複数担任やフリーで働くのに比べ、一人担任を任されると大変で責任もある分、保育士として大きく成長できます。

特に新人から一人担任になるのはとても苦労しますが、その分他の保育士よりスキルアップできていると思えばやる気も出てくるのではないでしょうか。

やりがいがある

一人担任だと子供達は自分しか頼る人がいません。プレッシャーはありますが、その分やりがいも大きくなります。

複数担任はともかく、フリーで担任を持たない保育士の中には「やりがいを感じられない」と悩む人もいます。そう考えると一人担任の立場は恵まれているとも言えますね。

担任になってからは色々と苦労して辛い事も多いと思いますが、1年間苦労した分、成長した子供達を見送る時には大きな達成感を感じられるのではないでしょうか。

一人担任を乗り切るには

このようにメリットもたくさんある一人担任ですから、辛くて辞めたいと思っている保育士さんも、まずは1年間頑張ってみてはいかがでしょうか。きっと1年後には保育士として大きく成長しているはずですよ。

とはいえやっぱり辛いものは辛いですよね。保育士1年目から一人担任を乗り切るには、周りの協力も必要不可欠になってきます。

一人担任だからといって一人ですべてを抱え込む必要はありません。辛い時には周りの先輩方や主任、園長に頼りましょう。

といっても途中で丸投げするのではなく、アドバイスをもらうんです。こんな時にどうすればいいか分からない、保護者との関係に困っているというような事を相談すれば、効率的な進め方や役に立つアドバイスを貰えるはずです。

先輩達も生意気でやる気のない新人には協力したくありませんが、全力で一生懸命頑張っている新人になら力になってあげたいと思うものです。

なのでそのためには普段から素直で謙虚な姿勢でいる、手の空いた時には積極的にフォローに回るといった事も心掛ける必要がありますね。

それによく一人担任を任されると責任感からかすべて自分一人だけで解決しようとする人がいますが、困った時には意地を張らずに素直に助けを乞うのも大切なことなんです。

未熟なりに一人で頑張ってみるのも大切なことかもしれませんが、もし何かあった時子供が怪我でもしたら責任を取れますか?事故を防ぐためにも、自分の意地やプライドではなく子供を第一に考えて行動しましょう。

ただ中には、頼っても全然助けてくれない意地悪な先輩もいると思います。新人を育てることも大切な役割なのに、他の子ばかり贔屓して全然仕事を教えてくれない保育士もいるんですよね。

そうなると「全然仕事を教えてもらえない…これじゃ仕事が出来なくても当然じゃん」と思うかもしれませんが、この場合は仕方がないので自分で解決するしかありません。

仕事については他の先輩保育士の動きを見て良いところをマネしてみたり、保育の書籍を読んだり、今はネットでも色々情報収集できますから参考になると思います。

また仕事の効率化も図り、なるべく無駄なく働けるように工夫しましょう。毎日苦労して働くうちにだんだんと自分なりの最適な業務の仕方が見えてくるはずです。

それに意地悪な先輩の中には単純に仕事ができない新人を見てイライラしているだけな場合も多いので、人並みに動けるようになってきたら優しく接してくれるようになることもありますよ。

そしてやっぱり無理だと思ったなら、園長先生に相談してみてください。めちゃくちゃなまま続けてるのも危険だし、保護者からもクレームが来ます。なので本当にひどい状態なら何らかの対応をしてくれるはずです。

まずは自分なりに頑張ってみて、それでも難しい時には周りの人を頼ればいい。そう思うだけで少しは張りつめていた気持ちも軽くなるのではないでしょうか。

入ってすぐなのに一人担任は大変だと思いますが、これもいい経験になるのでぜひ頑張ってみてくださいね。