保育士の平均年収

保育士の平均年収


保育士の給料は低い?

「保育士の給料は低い」という話はよく聞きますよね。現役保育士の方や保育士経験のある方なら身に染みて感じているのではないでしょうか。

保育士の退職理由でも給料の低さは上位になっていますし、給料に対して不満を持つ人は多いようです。働くにあたって給料の額は大事ですからね。

では実際に保育士の給料はどれくらいなのでしょうか。

保育士の平均年収額

保育士の平均年収は、300万円~350万円程度となっています。

確かに全職種の中では決して高い方ではなくやや平均水準を下回ってはいますが、もっと年収額の低い仕事もあるので、そこまで低すぎる!という程でもないんですよね。

ではなぜここまで保育士の年収が低いと言われるのかというと、やはり仕事内容に対して給料が低い、つまり仕事内容に給料が見合っていないから低く感じるというのが原因でしょう。

保育士経験のある方ならご存知のとおり、保育士の仕事はとてもハードですよね。業務時間内は子供につきっきりで体力的に疲れるし、行事の準備や意外と多い事務作業など時間内には終わらない仕事もたくさんあります。

さらに今は人材不足のせいで一人当たりの負担がとても増えてるので余計忙しく、残業や持ち帰り残業もしょっちゅう発生します。

また保護者とのやりとりでは色々気を遣いますから、ストレスのたまる仕事でもあります。モンスターペアレントと呼ばれるような保護者に当たると大変ですよね。

そして何より保育士は常に「園児にもしものことがあったらどうしよう」という重圧にさらせれています。子供の命を預かるという事は精神的に相当な負担となります。

このように、体力的にも精神的にもハードな仕事なのに給料が低いというのが納得いかないんですよね。

それに保育士は国家資格を取得しないとなれない専門的な仕事なのに、世間からは「ただ子供の面倒を見るだけの誰でもできる仕事」と軽視されがちです。

そうしたところが給料の額に表れているようでモチベーションが下がるという気持ちもあると思います。

公立保育園と私立保育園では給料が違う

保育士の平均年収についてもう少し掘り下げてみましょう。

先ほど平均年収は300万~350万円程度と言いましたが、これは保育士全体の額です。しかし保育士の主な職場となる保育園には公立保育園私立保育園があり、この2つでは給与額にかなりの差があります。

一般的には公立保育園の方が給料が高いと言われていて、公立保育園で働く保育士の平均年収はなんと500万円を超えます。保育士全体の年収が300万ちょっとという事を考えるとかなり高額ですよね。

ただしこれにはからくりがあって、公立保育園で働く人の平均年齢は45歳前後となっています。保育士全体の平均年齢が35歳ほどですから、公立の方が平均年齢が高いということになります。

公立保育園は給料が高い、働きやすいなどの理由から人気が高く離職率も低いため、離職率が高い私立保育園に比べて必然的に平均年齢が高くなるんです。

そして公立保育園で働く保育園は公務員ですから、年齢と共にどんどん昇給します。そのため初任給こそ公立・私立でそこまでの差はないものの、勤続年数が増えるについて昇給しやすい公立保育園と昇給しにくい私立保育園では大きな差がついてしまうんですね。

このように公立・私立では給料額が異なるため、公立保育園だけで見ると保育士の給料は決して低くはありません。つまり給料が低いと言われるのはそのほとんどが私立保育園のことを指していることになりますね。

保育士の平均年収が低い理由

保育士の平均年収が低くなっているのは、保育士という職種ならではの理由もあります。それは圧倒的に女性が多いということです。

社会全体で見ても、女性の平均年収は男性の平均年収に比べて低くなっています。ですから女性の割合が多い保育士の場合、男女含めた世間一般の平均年収と比べると低くなってしまうのも仕方がないのかもしれません。

それに、女性は結婚や出産を気に退職する人が多いですよね。しかも保育士の場合そのハードさゆえに育児との両立が難しいということで、退職した後に復職せず潜在保育士になる人がとても多いんです。

20代~30代前半で辞める人が多いという事は、その分勤続年数が短くて平均年齢も低くなります。サラリーマンの年収のピークが50代という事を考えると、50代~60代のベテラン保育士が少なく若手中心の保育士は平均年収が上がりにくい構造になっていると言えます。

給料が高い保育士求人を見つけるには?

では、保育士としてもっと給料アップしたい場合はどうすればいいのでしょうか。

もっと給料の高い仕事を求めて異業種転職するのも一つの手ですが、あくまで保育士として給料アップを狙いたいということであれば、

  • 公立の保育園で働く
  • 保育士の平均年収が高い地域で働く

こうした条件での転職を検討してみるといいでしょう。

公立保育園は先ほども説明したとおり、私立保育園より高待遇です。私立保育園で働いているのなら転職することで年収アップが期待できるでしょう。

ただ、公立保育園を狙う保育士は非常に多いため、人材不足と言われる業界にも関わらず公立保育園の倍率は私立保育園と比べ物にならないくらい高くなっています。

また公立保育園で働く保育士は公務員保育士とも呼ばれますが、その名の通り公務員なので公務員試験に合格しなくてはいけません。

このように公立保育園で働くのはとてもハードルが高いので、気軽に転職できるものでもありません。なのでもっと手っ取り早く年収を上げたいなら、働く地域を変えてみるのがおすすめです。

保育士は年収の地域格差が大きい仕事と言われていて、地域ごとで結構な差があるんです。一般的には他の仕事と同じく人口の多い都市部ほど給料は高く、地方ほど給料が低くなります。

中でも東京はやはりトップクラスに年収が高くなっていますね。最も低い地域と比べると100万円以上の差があります。

ちなみに東京は有効求人倍率もダントツで高く、なんと約6倍という数字になっています。全国的に保育士の求人倍率は高いので仕事が見つからないという悩みはないかもしれませんが、上京すればまず間違いなく職にありつけるでしょう。

このように都道府県ごとに給料額は異なるため、現在地方で働いている保育士さんは、東京、神奈川、埼玉、愛知、京都、大阪、奈良といった地域に出てくるだけでも数十万単位で年収がアップする可能性があります。

引越しを余儀なくされるので家族がいる場合はなかなか難しいかもしれませんが、もし地元を離れても良いという場合は給料の高い地域で就職するのがおすすめですよ。

  • 保育士バンク!
  • 保育ひろば

などの保育士専門の転職サイトなら地域ごとの求人も探しやすくなっています。東京、大阪、名古屋など都市部の求人も豊富です。

また年収をアップさせたいという希望を伝えることで、引っ越しを伴う転職に関わらず様々な条件で希望に合う求人を探してくれます。

もしかしたら地元でも希望額に達する求人が見つかるかもしれないし、企業内保育士など保育園以外の求人で希望に合う求人を紹介してもらえるかもしれません。

登録することで自分の希望とスキルに合わせた求人を紹介してくれるので、転職をお考えならぜひ登録・利用してみることをおすすめします。

各種手当を含めた金額で考える

ちなみに給料が低くても各種手当で補える場合もあります。手当で代表的なのは住宅手当(家賃補助)でしょうか。

例えば基本給が18万円だとします。これで何の手当も付かなければ手取り15万前後となりますが、ここに住宅手当が8万円付いたとしたら23万円となり、手取り金額は一気に跳ね上がりますね。

なので求人票を見て「基本給15万、低いなぁ…」と思っても、手取りを含めた月給で考えると意外と高かったりすることもあるんです。

住宅手当の仕組みは会社ごとに異なり、家賃の15%支給といった計算方法のところもあれば、毎月固定額が支払われるところもあります。そしてその金額もピンキリで、月1万程度のところもあれば、月に10万以上もらえるところもあります。

求人票でははっきりとした事を記載していないことも多いので、事前に確認しておくと安心です。先ほどご紹介したような転職支援サービスを利用すればコンサルタントに代わりに質問してもらうこともできるので便利ですよ。

手当は他にも、

  • 引越手当
  • 皆勤手当
  • 通勤手当
  • 特殊業務手当
  • 資格手当

など色々とあるので、仕事探しの際は基本給だけじゃなくこうした手当についてもぜひチェックしてみてください。