保育士の仕事内容

保育士の主な仕事内容


保育士って普段どんな仕事をしているの?

保育士の仕事内容は、保育士経験のない人からすると「預かった子供のお世話をすること」くらいしか思い浮かばないかもしれません。

確かに一言で言えばその通りなのですが、実際にはたくさんの業務をこなしています。

もしかすると保育士として働いた事が無い人は「ただ子供と遊んでいいだけの楽な仕事」なんてイメージを持っているかもしれませんが、それは大きな間違い!

子供のお世話といってもやることはたくさんあるし、気も抜けません。さらにはこの他に事務作業や保護者とのやりとりなどもあります。

特に今はどこの園も人手不足によりギリギリの人数でやりくりしていることが多いので、一人当たりの仕事量はかなりのものとなっているんです。時間内に終わらなかった仕事は残業や持ち帰りでこなすことも。

では、保育士の仕事って具体的にどんなことをしているのでしょうか。

保育士の一日の流れ

まず、保育士は基本的に早番、中番、遅番といった交代制での勤務となります。

朝は7時くらいから、夜は園にもよりますが大体18時~19時くらいまでです。延長保育を行っている園ならもっと遅い時間になります。

朝のお迎えからお昼まで

まず出勤したら手洗いやうがい、身支度を整え、園児のお迎え準備などを行います。

子供たちが登園してきたらお迎えをします。その際に保護者から子供の体調や様子を聞き、他の保育士と共有します。

みんな集まったら朝の会をします。挨拶や体操などを行い、その後は屋外で遊んだり、室内で制作活動などを行います。その間怪我をしないように見守ったり、作業の手助けをしたりします。

お昼が近くなったら、手洗いやうがい、配膳など昼食の準備をして、お昼ごはんを食べます。

お昼過ぎから降園まで

ご飯を食べ終わって歯磨きやトイレを済ませたら、お昼寝をします。布団の準備をしてパジャマに着替えた後は読み聞かせなどをします。園児が寝ている間は様子を見つつ連絡ノートの作成などの事務作業を行います。

子供たちが起きたら着替えの手伝いや布団の片付けをして、おやつの時間となります。おやつの後は自由に遊んだりして保護者の迎えを待ち、夕方になったら帰りの会をします。

その後、保護者が迎えに来たら子から降園します。お見送りの際にはその日の様子や連絡事項などを保護者に伝えます。

延長保育がある場合は引き続き自由に過ごしたり夕食を食べたりして、保護者の迎えを待ちます。

降園から勤務時間終了まで

子供たちが帰った後は日中できなかった事務作業を済ませます。日誌を書いたり行事の準備、会議、明日の準備、掃除など、やることはたくさんあります。

時間外保育の子供のお迎えも終わったら、業務終了です。

子供のお世話だけじゃない!多岐に渡る業務内容

一日の流れを見ると分かるように、基本的には子供のお世話が中心です。言葉で書くと簡単ですが、実際には走り回る子供たち相手にあれこれとしなくちゃいけないのでかなり大変です。

トイレに行きたくなったら連れて行ったり、怪我をしないか目配りしたり、食事中も手助けをしたり、園児同士ケンカしていたら仲裁したり…保育士は休む暇もありません。

さらに、保育士には意外と事務作業がたくさんあります。指導計画や連絡帳、おたよりなど、作らなきゃいけない書類がとても多いんです。

園児がいる時間で唯一ゆっくり事務作業を行えそうなのはお昼寝の時間くらいですが、お昼寝中はお昼寝中でミーティングがあったり交代で休憩に入ったりするので、この時間にすべての作業を終わらせるのは難しいです。

そのため残業して終わらせるか、家に持ち帰っての作業となってしまうこともよくあります。保育士が忙しいと言われるのはこうした作業が多いせいでしょう。

他にもお遊戯会や運動会、クリスマス会などの行事が近くなると、その準備作業で大忙しになります。園によってはかなり凝った出し物をすることもあり、その場合は連日残業となってしまうのは避けられません。

そして、保護者とのコミュニケーションも保育士にとって大切な役割です。ここをおざなりにしてしまうとクレームに繋がるため、できるだけ丁寧な対応が必要になってきます。

しかし最近は無茶な要求をしてくる保護者も増えているため、その対応に追われて時間を取られてしまうこともあります。

このように、保育時間中は子供のお世話だけで精いっぱいで他の作業がほとんど出来ないため、その他の書類作成や行事の準備などの業務は子供たちが帰った後になってしまうというのが保育士の大変なところです。

人員が十分に足りていれば一人あたりの作業量も少なくなるので大丈夫なのですが、今はどこの園も人手不足なのでおのずと時間外に作業しなくてはいけない状況となっているんですね。

大変な分やりがいもたくさんあるのが保育士の仕事

ただ、保育士の仕事には大変な分やりがいもたくさんあります。仕事を通じて子供の成長を見守れるというのは何よりのやりがいとなるのではないでしょうか。

出来ないことが出来るようになった時は我が子のように喜びを感じますし、保護者の方に感謝されると「この仕事をやってて良かったな」と思えるでしょう。

毎日忙しくてイライラしていても、子供の笑顔を見たら疲れも吹っ飛ぶ!という声も多いです。子供好きな人なら子供が楽しく遊ぶ姿や寝顔を見られるだけでも楽しいですよね。

「保育士の仕事は大変そう」「給料が安いし割に合わない」と思って保育士になるのを躊躇している方もいるかもしれませんが、少なくとも保育士の仕事は社会貢献できる素晴らしい仕事だという事は忘れないでくださいね。