保育士の女性

保育士になる方法


今から保育士を目指すにはどうしたらいい?

保育士の仕事に興味がある、今から保育士を目指したいという方に向けて、保育士になる方法についてご紹介します。

昨今は保育士不足が深刻で、よくニュースでも待機児童の問題などを取り上げていますよね。そんな状況を見て保育士を目指そうと思った方も多いと思います。

ただ、現在中学や高校に通っている学生さんならともかく、すでに社会人として働いている方だと、今から保育士になるにはどうしたらいいのかその方法をご存知ないという方も少なくないのではないでしょうか。

そこで社会人から保育士を目指す場合も含めて、未経験から保育士になる方法についてご紹介したいと思います。

保育士になる主な方法

保育士は国家資格です。保育士として働くには保育士の資格を取得しなくてはいけません。そしてその保育士資格を取得する方法は2通りあります。

まず1つめは、指定保育士養成施設(大学・短大・専門学校)に通う方法。所定の課程・科目を履修し卒業すれば資格を取得できます。

そして2つめが保育士試験を受験する方法です。養成施設に通わなくても受験できるので、独学で勉強して保育士を目指すことができます。

この2つのうち、一般的なのは1つめの指定保育士養成施設に通う方法です。保育士になるには保育系の学校に通う、というイメージがありますよね。

実際、現役保育士の多くは高校の段階で進路を決め、保育系の大学・専門学校に進学して保育士になっています。

しかし、高校時代は全然保育士になるつもりはなくて保育とは全然関係ない大学に進んで一般の企業に就職したけど、やっぱり保育士になりたいと思ってそこから保育士を目指すケースもあるでしょう。

その際に一から保育の大学や短大、専門学校に通い始めるのは経済的・時間的に大きな負担となりますね。

そこまで金銭的に余裕が無いという方や、少しでも早く保育士になりたいという方は、保育士試験を受けて保育士を目指す方が安上がりで近道となるかもしれません。

ただし保育士試験は合格率が2割程度となっていて、簡単に取得できる資格ではありません。通信教育やスクールで勉強するにしろ独学で勉強するにしろ、それなりに努力は必要となるでしょう。

保育士試験を受ける際の注意点

保育士養成施設に通うのではなく保育士試験を受けて保育士を目指すことにした場合、受検前に注意していただきたい点があります。

それは、保育士試験の受験資格を満たしているかどうかです。保育士試験は受検資格を満たしていない受験することができないんです。

受験資格には主に最終学歴が絡んできます。細かい条件は色々ありますが、簡単に言うと学部や学科に関係なく大学・短大・2年以上の専門学校を卒業している方は受験できます。

問題なのは大学を1年で中退した方や高卒の方など、上記の条件を満たしていない方です。この場合は児童福祉施設での実務経験が必要になってきます。

実務経験は基本的には2年以上かつ2880時間以上、中卒の場合は5年以上7200時間以上必要となりますから、条件を満たした人に比べて少なくとも2年は余分に時間が必要ということに注意してください。

2年以上働いて受験資格を得た後に難関試験を受けて合格を目指すことを考えると、お金はかかりますが指定保育士養成施設に入学した方がいいかもしれません。

このように保育士試験の受験資格があるかないかでも今後の方針は変わってくるでしょうから、保健士を目指す際にはまず自分に保育士試験の受験資格があるのかどうかを確認するところから始めましょう。

保育士転職を検討している方へ

保育士は待遇が悪い、激務などの理由から、保育士の資格を取得したものの保育士として就職しなかった潜在保育士も多いですし、離職率も高い仕事です。

しかし仕事自体は子供の成長に関われる、子供好きな人にとっては天職ともなる素晴らしい仕事です。多少待遇が悪くてもそれ以上にやりがいを感じられるからと長年続けている方もたくさんいます。

それに近年は保育士不足解消に向けて国も動き出しています。今すぐには難しくても、徐々に保育士全体の待遇改善の動きも見られるようになるのではないでしょうか。

保育士への転職を検討している方は、まず自分に合った方法で保育士の資格を取得することを目指してくださいね。