保育士 就職・転職サイト おすすめランキング

*

保育士転職・復職をお考えの方へ

売り手市場の今が就職・転職のチャンス!

待機児童問題や保育士不足の問題は、今や日本中の誰もが知る大きな関心事となっていますね。特に保育現場の最前線にいる保育士さんは、その問題の大きさをひしひしと感じていると思います。

特に東京は人材不足が深刻で、保育士の有効求人倍率は約6倍と非常に高い数字となっています。

これは人手が足りない保育園にとっては非常に困った事態です。ただ逆に考えると、仕事を探す保育士にとってみれば就職先選び放題の有利な状況ということですよね。

つまり、保育士にとって売り手市場の今は就職・転職する絶好のチャンスと言えるのです。

潜在保育士の復職も今がベストタイミング

保育士資格を持っていながら保育士の職に就いていない、いわゆる潜在保育士の方も復職するなら今がチャンスです。

現在の保育士不足を解消するために国は色々と対策を練っていますが、その中でも潜在保育士の復職には特に力を入れているんです。確かにそれが一番手っ取り早い解決法ですよね。

とはいえ潜在保育士が多いというのにはちゃんとした理由もあります。第一はやっぱり保育士の待遇の問題、特に給料の低さです。

保育士の仕事は体力的にとてもハードで、さらには保護者への対応で精神もすり減らす大変な仕事です。さらには子供の命を預かるというとても責任の重い仕事でもあります。

それなのに保育士の平均年収は全職業の平均以下と、決して高くありません。そのため仕事内容と給料額が見合ってないと感じる人がとても多いんです。

それ以外にも残業の多さや休日も仕事に追われるなど、業務量が多いせいで一人当たりの負担がとても大きくなってしまうため、疲れ果てて現場を退く人も少なくありません。

こうした背景を踏まえ、国は保育士を取り巻く環境を改善して現役保育士が長く働けるように、そして潜在保育士が職場復帰しやすいようにと、様々な施策を打ち出しているんです。

そんな動きによって保育士の処遇が少しでも改善されたら…また保育士として働いてもいいかな?と思う方もいるのではないでしょうか。

さらには長いブランクがある潜在保育士も復職しやすくなるように、今各自治体で様々な再就職支援も行われています。潜在保育士の再就職でこんなに手厚いサポートを受けられるのは、ここまで保育士不足が深刻な今だけかもしれませんよね。

そう考えると、求人数が多くてブランクがあっても採用してもらえる、さらに復職サポートもしてもらえる今が潜在保育士が現場に復帰するベストタイミングと言えるのではないでしょうか。

保育士の資格取得に対する支援も

これから保育士を目指す、という方にとっても今が参入のチャンスです。国は新しい保育士を確保するため、保育士の育成にも取り組んでいます。

例えば保育士資格を取りやすくするための取り組みとして、

  • 保育士試験の年2回実施
  • 保育士養成施設の学生に対する保育所への就職促進支援
  • 保育士試験の学習費用を支援

などを掲げています。

今社会人の方だと、これから保育系の大学や専門学校に入学するのは金銭的にも時間的にもちょっと難しいという場合もあるでしょう。

そうした方は保育士試験を受験して保育士資格を取得することになると思いますが、上記の取り組みによって以前より資格取得がしやすくなることが期待できます。

特に試験回数が年1回から年2回になったことで、資格取得までにかかる期間がこれまでの半分で済むようになるかもしれません。

というのも、保育士試験の筆記試験は9科目すべてに合格しなくてはいけないのですが、一回で全部合格しようとすると勉強範囲がかなり広くなり、なかなか難しいんです。

しかしこの筆記試験の合格科目には有効期限があり、期限内に9科目すべてに合格すればいいという仕組みになっています。そのため数回に分けて合格を目指す人も多いんです。

つまり試験回数が増えた分挑戦できる回数も多くなり、短期間で全科目合格しやすくなったという訳です。

今は保育士試験対策の通信講座やスクールもたくさんありますし、頑張れば独学でも取得可能です。就職先については心配いらないと思うので、もし挑戦するなら出来るだけ早いうちから始めて、求人が豊富にあるうちに就職を決めてしまいましょう。

人気の公立保育園で働くのは難しい

現状として保育士の求人数はとても多いのですが、だからといって好きな園を選び放題という事でもありません。

全体で見ると人材不足に悩む保育所が多い事は事実ですが、全部の園がそうとは限らず、人気の高い園には応募者が殺到しているんです。

圧倒的に人気なのはやはり公立保育園ですね。公立保育園で働く保育士は地方公務員となります。公務員というと安定していて待遇も良さそうですよね。

実際、公立保育園で働く公務員保育士の待遇は私立保育園の保育士よりも良いと言われています。初任給こそそこまでの差はないものの、毎年昇給があるので数年後には大きな差がつきます。

給料が低い、待遇が良くないと言われるこの業界ですから、少しでも良い待遇で働きたいと思うのはみんな同じ。そのため公立保育園はいつも高い人気があるんです。

なのでいくら保育士不足だからと言っても、公立保育園のような人気の高い職場にまで簡単に入れる訳ではないということですね。

高待遇の保育士求人も増えている

とはいえ、私立保育園にも高待遇で働ける職場はあります。

今は保育士を獲得するために、例えば見学しにくる学生の交通費を負担したり、見学会や一日体験を実施したりなど、どこの園もあの手この手で人を集めようと頑張っています。

そして人を集めるなら一番効果的なのが、やはり給料や待遇面を良くすることですよね。

そのため中には、

  • 月25万以上
  • 寮完備
  • 正社員で週休3日
  • 住宅手当・扶養手当あり
  • 年1回昇給あり
  • 残業代100%支給

といった高待遇で募集を掛けている園もあります。

もちろん保育士全体の給与水準を考えると高給与といっても限界があるので、私立保育園で年収1,000万といった金額を目指すのは不可能に近いとは思います。

ただ年収400万以上なら十分狙えますから、給料が低くてお悩みの方は今より高給与の求人を探してみる価値はあります。また基本給が低くても各種手当などで底上げされていることもあるので確認してみるといいですね。

あとは休日数の多さや残業少なめなど給与以外のところで頑張っている園もあるので、働きやすさを重視する人はそうした点もぜひチェックしてみてください。

「保育士は待遇が悪い」「保育士は年収が低い」と決めてかかってしまうとこうした高待遇の求人を見逃してしまうかもしれません。

業界全体の水準は低くても、探せば思ったより高待遇で働ける求人はきっと見つかります。特にキャリアを積んでいるのにずっと昇給なしで年収が低いままという人は、転職することで大幅な年収アップも期待できるかもしれませんよ。

保育士転職サイトで希望の求人を見つけよう

高年収・高待遇の保育士求人はやはり人気がありますし、その上求人数も多くはありません。ですからいかに情報を集めるかが転職成功のカギとなります。

保育士求人の情報を集めるには、やはり保育士専門の転職サイトの活用がおすすめです。

業界専門の転職支援サイトや転職エージェントは、扱う業界を絞っている分、幅広い業界の求人を扱うハローワークや求人サイトに比べて特定の業界の求人が豊富です。つまり保育士の求人も、保育士に特化した転職サイトの方が数多く見つかるんです。

それにアドバイザーによるサポートも受けられるので、転職に関する相談にも乗ってもらえます。自分のこれまでの経歴や希望を元にぴったりの求人を紹介してもらえますよ。

こうした保育士転職サイトは無料で利用できるので、就職・転職の際はまず登録しておくことをおすすめします。働きながらの転職活動もかなり楽になるはずです。

当サイトではこれからおすすめ保育士転職サイトのご紹介や、保育士転職のためになる情報をご紹介していく予定です。就職・転職をお考えの保育士さんはぜひご覧になってみてくださいね。